ヘアーサロンエグチ

2012年12月17日

今や全国区の土産菓子です。

ど〜も〜。

千鳥饅頭って知っとう?


東京の千鳥屋総本家


大阪の千鳥屋宗家


福岡の千鳥饅頭総本舗


ってあるばってん・・・


千鳥屋は1630年(寛永7年)現在の佐賀市久保田町で創業。

当時の屋号は「松月堂」。

長崎に渡来していた南蛮菓子の製法をいち早く学び、

丸ボーロやカステラを専門に作っていた。

しかし原田政雄(主人)は当時筑豊炭田で賑わっていた飯塚の地に目を付け、

松月堂の支店として「千鳥屋」を開いた。

1939年(昭和14年)には佐賀の松月堂を閉じ、

飯塚の千鳥屋を千鳥屋本店とした。

飯塚進出とともに考案された千鳥饅頭は、

過酷な肉体労働で甘い物を必要とした

筑豊炭田の炭鉱労働者の故郷への土産物として受け入れられ、

同じ飯塚生まれのひよ子とともにその知名度は高まった。

1949年(昭和24年)には福岡市に進出。

その後は関東・関西にも相次いで進出し、

現在では全国区の土産菓子として定着している。

(Wikipediaより抜粋)


ってことやけん、福岡の千鳥饅頭総本舗が元祖ってこと。


ところで、こんなのがあるっちゃね〜。


干支饅頭1.JPG

干支饅頭


中身はこげんと。


干支饅頭2.JPG


来年はへび年やけん、へびの刻印。


味は一緒ばってんがね!(笑)



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡県情報へ
にほんブログ村
よろしければポチッ!っとお願いします。





kazuでした。


posted by hs-eguchi at 18:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。